読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『めぐり会いはふたたび』

なぜか今まで観ていなかった。

 

いっや~、すっごいですね~~~!!!笑

小柳センセーの星組メンバーに対するフェティシズムが詰まっている!

 

何をさておいてもねね様シルヴィアに言及せねばなるまい……。

フリッフリのフワッフワでロココロココロココ

宝塚でしかできないし、もっと言うとねね様にしかできないw

けど内面は全然ロココじゃないっていうところも含めて、ねね様にしかできない、なんだろうな~。

 

そしてそのトゥーマッチなねね様と並んで納得させるちえさんの少女マンガヒーロー力だよな……。

敢えて抑えたキャラにすることで、却ってカッコよさが際立っている。

ある意味宝塚の正統なんだな、作品全体がわっちゃわっちゃしてて気が付きにくいけどw

シャル・ウィ~もそんな感じであったな……。

 

とよこさんのビジュアル力もすっごいなー。

貴族社会が舞台なのにロッキンな紫メッシュ&編みこみ&逆毛で出てきてびっくらだったけど、とよこさんのロイヤルさだとそのくらいで丁度良いのだ……。

「貴族の星組」の後継者……。

 

はるこの男装はフェティッシュだったな……。

宝塚って、男役が女役の格好をする「女装」と、娘役が少年役をする「少年装」はよくありますけど、娘役が成人男性の役をすることってそうそうないじゃないですか……。

びっくりしたわよのさ……。

小柳センセーにはこのノリで「本当は怖いグリム童話」の、男装して王子の心を取り戻す「眠り姫」の話を舞台化してほしいんだが、無理か。

 

脇役の端々に至るまで存在感があって、やはり小柳センセーの作品には愛を感じるなぁ。

これが大劇場デビューとか、クオリティ高いですね。

しかも第1幕の併演がノバボサで、時間的制約もあり、フィナーレも作らなければいけない中で……。

 

はー楽しかった、ハッピーエンドだし! という、軽いノリで見終えられる、宝塚らし~い作品。

こういうのもね! いいね、やっぱりね!