読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『怪盗楚留香外伝-花盗人-』

お~、これが噂のちえこと&紅ねね……。

この脚本ならねね様ことちゃん逆でも良かったような気がするけど……w

まぁ、小柳センセーが闘うねね様&女装ことちゃん見たかったんだろうな。

 

尺が1時間? と通常のお芝居より短いのですが、過不足ないボリューム&簡潔さの題材を持ってこられるところはさすが小柳センセー。

展開の緩急もテンポも丁度良くて、最後ちょっとじーんと来て、爽やかな明るい気持ちになれる作品。

心に深く残る名作ってー訳じゃないんだけどw、宝塚のプレゼンとしての公演だったし、大衆娯楽としての面を示すという点で良かったのでは。

カップルが2組出てくるし、冒険活劇でちえさんの持ち味・カッコよさも活かされているし、歌うことちゃんも闘うねね様も見事だし、全方位に満点なのでは??

 

エトタカと序破急は大劇場でもやった演目だけど、これだけ完全新作で、お稽古大忙しだったと思うんだけど、仕上げちゃうタカラジェンヌってすっごいなー。

 

「ロマン」だとか「ロミオとジュリエット」だとかのカタカナ語、「時代考証」的におかしい単語を入れているのは、違和感あるけれど、宝塚の柔軟さを示すために敢えてやってる演出なんだろうな。

 

おなじみの星組上級生がたくさん活躍してるのも嬉しいですね。

しーらんの役が大きいのが特に嬉しい。

なんだか三枚目寄りの、間の抜けた可愛い役だけど……w

 

ねね様がいる上にことちゃんまで娘役で、おまけにみのりわかばという星組が誇る二大準ヒロインが揃っていた訳だけど、楚留香の妹分? 奥さま候補? として均等に出番があって、こういうところも小柳センセー本当にお上手だな……と……。

並列ポジだけど、2人ともニンに合った役でねぇ。

 

そんな中で一人、紅さんが「キャラ殺し」というか、地の明るさ・快活さを抑えた病弱な深窓の令息みたいな役で、素の紅さんを知っているファンとしては若干不完全燃焼。

というか、そもそもお芝居で紅さんのお役がしっくり来たってこと、あんま無いんだよな……情けない系ベンヴォーリオは紅さん独自&ならではで好きだったけど。

みっ様政権になってからニンに合う役が回ってくるようになったと聞くので、観るの楽しみだな。