読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『薔薇に降る雨』

脚本としては普通だなって思いますが、雰囲気が素敵な作品ですよね。

ハッピーエンドだし。

 

フランス映画目指したらしいし、確かにちょこちょことシャンソンがBGMとして使われてたけど、「アメリカ人がフランスを舞台に作った映画」って感じだったなw

フランス映画らしい「何が言いたいねん!」ていう雰囲気推しが無くて、起承転結がきちんと付いていた。

……付いてたよね?(盲目ファンの焦り)

 

たった一人本気で愛した女性の窮地を、手を尽くして救うタニさんが格好いい!

という趣旨の作品だとはわかっているんだけど、いかんせんタニさんの存在感の面白さと、お歌の癒やし力で、序盤あんまり集中できないwww ごめんwwww

まゆさんがやたらお芝居が大きくて、さらに面白いwwww

あと自動車を作ることにやたら主人公がこだわってるんだけど、その設定は要ったのかな……?(^ω^)

 

ウメちゃんの「7年前」の回想シーンと「今」の演じ分けが圧巻。

「7年前」のシーンはちゃんときゃぴきゃぴした「少女」なのに、「今」のシーンの色女っぷりがさらにすごいです。

スタイル完璧超人だよな。

 

抽象的なラブシーンの描写がエポックメイキングすぎてインパクト最強なのだけど、見返したらやっぱりすごかった。

お衣装の色がベージュってのもやらしいし、あこ姐のスカートを見えそうで見えないところまでめくるのもすごいんだよな……。

みーちゃん乙!!!

 

まぁしかし真ん中から周りに到るまで、星粒揃いの宙組ですね。

この豪華絢爛な状態でゆひさんに受け継がれたのかー。

 

それとあとなんでかしらん、宙組時代のみっ様って弟ポジのお役多いですよね?

やはり可愛い系だからだろうか……。